マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

箒(ほうき)を踏んだり、またいではいけないとされる理由

f:id:manastylejp:20170430201734p:plain

天気が良かったので、午前中は自宅の模様替えをしていました。

暖かくなってきたので、冬用の洋服を片付け、春物や夏物を準備していました。

片付けていたら、収納棚の奥から、最近使わなくなった箒が出てきました。

 

 

購入当時は1万円以上した箒です。

最近は箒を使うことが少なくなり、掃除機やフローリングワイパーで掃除をしていました。

特に、マキタの充電式クリーナーが便利で重宝しています。

でもせっかくなので、今日は箒を使って掃除をしてみました。

そんなわけで今回は、箒について書いてみます。

 

 

 

 

道具としての箒

f:id:manastylejp:20170430202157j:plain

箒(ほうき)は、主に掃除に使われる道具です。

床や庭などの塵やごみを掃くために使われますが、それ以外にも魂を「掃き集める」ことや、邪を「払う」ことができるとされています。

 

箒のはじまり

f:id:manastylejp:20170430202431j:plain

日本最古の箒は、古墳時代に使われていたものが現存しています。

小枝を束ねただけの、箒状のものです。

掃除に使われていたどうかは、定かではありません。

「箒」という言葉は、『古事記』中で「玉箒」や「帚持(ははきもち)」という言葉で登場します。

玉箒の玉とは、人間の魂のことを指しています。

また、帚持とは、葬儀の際に箒を持つ人のことを指します。

古代日本においては、箒は祭祀用の道具として用いられていたようです。

平安時代になると、箒が掃除の道具として使用されるようになったことが記録に残っています。

 

箒の語源

f:id:manastylejp:20170424174040j:plain

箒(ほうき)は、「羽掃き(ははき)」が変化したものだと考えられています。

古代中国では、棒の先端に木の枝等を取り付け、廟(びょう)を祓い清める道具が使用されていました。

これは「帚(そう)」と呼んでいたそうです。

この帚に竹冠を付けた漢字が、「箒」になります。

また、手に帚を持って廟の中を祓い清めることを「掃」といい、「掃除」の語源になりました。

 

箒の神様

f:id:manastylejp:20170430202606j:plain

菷は、掃除の道具ではありますが、同時に神聖な道具でもありました。

箒がどの家庭でも使われていた頃は、

「箒を踏んではいけない」

「妊婦は箒をまたいではいけない」

と言われていました。

その理由は、箒には、箒神が宿っていると考えられていたからです。

箒神は、出産に立ち会う神の1つとされています。

箒神が来るまでは、お産は始まらないと信じられてきました。

箒神は、お産を助けてくれる神で、出産後の母子を守ってくれる神です。

また、生まれた子どもに霊魂をもたらすのも、箒神と言われています。

そのため、産後には産飯を炊き、茶碗に高盛りにして子どもの枕元に供え、産神を祀るという風習があったそうです。

 

箒神がお産の神様と言われる理由

f:id:manastylejp:20170430202720p:plain

箒を使った掃除は、「掃き出す」行為です。

これが、安産に通じると考えられていました。

また、箒の古名である「ははき」が、「母木」に通じるから、箒神がお産の神になったとも考えられています。

箒は、妊婦の枕もとに立てることで安産のお守りになると考えられていました。

また、新品の菷で妊婦の腹をなでると、安産につながるとも信じられていました。

 

箒の神聖な使われ方

f:id:manastylejp:20170430202913j:plain

箒は掃除の道具や安産のお守りとしてだけでなく、様々な使われ方をされてきました。

長居する客に早く帰ってもらいたいときは、箒を逆さに立てる「逆さ箒」というまじないがあります。

また、東北や関東地方では、死体の上に箒を置く習慣があるところもあります。

これは魔除けの意味があり、悪霊が寄ってこないようにするためのものとされています。

このように、菷は神聖なものだと考えられてきたので、それを踏んだりまたいだりすると、罰があたると考えられていたようです。

 

箒の種類

材質や形状は様々ですが、本当に質の良い箒は「一生に3本あれば足りる」と言われるものもあります。

掃除機やフローリングワイパーを頻繁に買い替えることを考えると、箒はコストパフォーマンスに非常に優れた掃除道具なのかもしれません。

 

座敷箒(ざしきぼうき)

アズマ 『天然素材の室内用ほうき』 手編みホーキ 特選 短柄

屋内で使う箒です。

畳の目に入り込んだ埃を掻き出すように掃除できます。

畳を掃くのに適した箒ですが、畳以外でも使えます。

様々な柄の長さのものが用意されているので、身長や掃除する場所によって最適なものを選ぶことができます。

 

庭箒(にわぼうき)

竹箒 5段 日光 穂先もたっぷり5段しばり 竹ほうき 庭ほうき*5本までが1甲口となります*同梱不可の場合別途運賃*

庭など屋外の掃除で使います。

落ち葉やゴミを集めるのに使われるため、穂先の目が粗い竹箒が用いられることが多くあります。

土間を掃除するための土間箒もあります。

 

手箒(てぼうき)

亀の子 ほうき 手編ハンドほうき

柄が短く小さな箒です。

ベランダの溝や窓のサッシに溜まった汚れを掃除する際に便利な箒です。

 

荒神箒(こうじんぼうき)

4玉荒神箒(トサカ中サイズ) 短柄箒 棕櫚ほうき/山本勝之助商店 かねいち

本来は竈(かまど)の掃除に用いられる小型の箒のことを指していました。

荒神とは、火の神のことで、かまどの神を指します。

荒神のおわす竈を掃除する荒神箒は特に神聖なものとされ、荒神箒で他所を掃くのは忌み嫌われ、罰があたると考えられていました。

この「かまどの荒神」と「箒神」と「便所神」が、お産に関わる3人の神と考えられています。

 

自在箒

テラモト 清掃用品 自在ホーキ 短柄 30cm CL-380-402-0

木や樹脂の柄に、短くコシのある繊維を取り付けたT字型のホウキです。

 

海外の箒

f:id:manastylejp:20170430203134p:plain

ヨーロッパでは、箒は魔女の乗り物と考えられてきました。

箒を単なる掃除道具としてではなく、不思議な力を持ったものとして捉えていたのかもしれません。

 

魔除けの意味を持つ、神聖な道具だった箒。

今度の休みも、箒を使って家中を掃除してみようかと思ってます。

 

参考文献

なぜ、魔法使いは箒で空を飛ぶのか

大切にしたいモノとコト

今さら聞けないお掃除の基本―道具の賢い使い方から汚れ落としのコツまで (これだけは知っておきたい 新生活の心得)