読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

世界中が仰天した、女王陛下が人前で靴を脱いだ日

f:id:manastylejp:20170328175614j:plain

今日は仕事で資料を作る必要があって、1975年(昭和50年)の出来事を調べていました。

この年に設立された有名企業を、数社ピックアップした資料を作りたかったんです。

調べてみたら、1975年に設立された企業には、マイクロソフト社やローソン、エニックス、ジョイフル本田などがありました。

ちょっぴり気になって、この年にどんな出来事があったのか調べてみました。

この年は、イギリスの女王・エリザベス2世が初来日した年でもあったそうです。

当時のイギリスやヨーロッパの新聞では、エリザベス女王の初来日は大きな話題になっていました。

話題になった理由は、女王陛下が京都を訪れた際、靴を脱いだからでした。

そんな古いニュースをたまたま見つけたので、今日は靴を脱ぐことについて書いてみます。

 

 

 

女王陛下が訪れた料亭

f:id:manastylejp:20170328175747j:plain

1975年に、エリザベス女王が初来日した際、京都の料亭を訪れたそうです。

女王陛下は、靴を脱いで料亭の座敷に上がられました。

それが、海外のジャーナリストの間では衝撃的な出来事だったそうです。

女王陛下が人前で靴を脱ぐのは、まったく初めてのことだったんです。

ヨーロッパには、靴を人前で脱ぐ習慣がない国がたくさんあります。

足は隠すべき体の一部と考え、人前で裸足になるのは失礼にあたるとされている国がたくさんあります。

そんな国では、靴は服装の一部だとされており、靴を脱ぐのはベッドに入るときだと考えられています。

特にイギリスの王族ともなると、公務中に人前で靴を脱ぐなんてことは全くありませんでした。

「靴を脱ぐのは夜寝るとき」

という考え方を持った人たちからすれば、エリザベス女王が料亭に靴を脱いで上がったことは、衝撃的だったんだと思います。

 

国によって異なる、靴を脱ぐ文化

f:id:manastylejp:20170328175857j:plain

韓国では、玄関や部屋の入り口で靴を脱ぐ文化があるようです。

また、ノルウェーでも自宅では靴を脱いでいる人が多いようです。

また、雪や雨が多いアラスカ地域やカナダの一部の地域では、室内で靴を脱ぐ習慣があります。

これは、雪や泥で汚れた靴で、室内を汚さないようにするためだと言われています。

他にも、世界中には室内で靴を脱ぐ習慣がある国はいくつかあります。

イスラム圏の国でも、「家の中に穢れたものを持ち込まない」という理由から、トルコやイランの一部では、家に入る際は靴を脱ぐ習慣があるそうです。

これに対し、欧米では靴をみだりに人前で脱ぐ習慣がない国がたくさんあります。

靴は服装の一部であり、靴を脱ぐのはベッドに入る時だけだと考えられています。

「靴を脱ぐ」ことは「服を脱ぐ」ことでもあるわけなので、相手にとっては特別な意味に捉えられたり、侮辱されたように感じることもあるかもしれません。

特にドイツでは、足の裏を見せることは大変失礼なことだとされているようです。

 

なぜ日本では、室内で靴を脱ぐのか

f:id:manastylejp:20170328180026j:plain

日本人が家の中で履物を脱ぐのは、足が蒸れるのを防ぐためだという説があります。

日本は高温多湿な気候のため、足が蒸れて皮膚病になったり、臭いがするのを防ぐためだというのが、履物を脱ぐ理由とされています。

また、床や畳に直接座ったり、布団を敷いて寝る文化があることも、履物を脱ぐ習慣に関わっているという説もあります。

昔は道路が舗装されておらず、泥土で汚れた履物で床を汚すのを防ぐためだったとも言われています。

 

日本で履物を脱ぐ習慣はいつからあったのか

f:id:manastylejp:20170328180059j:plain

建物の中で履物を脱ぐ習慣ができたのは、弥生時代ではないかとされています。

弥生時代には、稲もみを高床式倉庫に保管していました。

高床式の建物は風通しが良いので、稲もみを保管するのに適していたようです。

当時の人達にとって、大切な稲もみを保管する高床式倉庫は、自然と神聖な場所とされてきました。

そんな神聖な場所に、履物の湿気や外界の汚れ(穢れ)をつけたまま入らないようにするため、履物を脱ぐ習慣ができたといわれています。

 

靴を脱ぐことは「くつろぐ」ことなのかもしれない

f:id:manastylejp:20170328180234j:plain

日本では、大抵の家では玄関で靴を脱ぎます。

家はくつろぐための場所です。

日本人の感覚では、靴を脱ぐことは「くつろぐ」ことになるんだと思います。

新幹線や飛行機の中でも、靴をぬいでリラックスしている人をたまに見かけます。

職場でも、靴を脱いでスリッパやクロックスを履いて仕事をしている人もいます。

「足元のおしゃれ」

という言葉がありますが、靴は服装の一部と考える欧米人にとっては、今も人前で履物を脱ぐのに抵抗がある人も多いと思います。

人前で履物を脱いでも良いかどうかは、TPOに応じて考える必要がある気がします。