マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

日本各地に伝わる「そこで食べてはいけない」とされているもの

f:id:manastylejp:20170317232903j:plain

3連休を利用して実家へ帰っていました。

普段はあまり気にすることがなかったのですが、食べ物の選び方について気を遣う場面が何度かありました。

私の父は、甲殻類アレルギーなんです。

中華料理を食べに行ったのですが、エビやカニを使った料理をできるだけ選ばないようにしました。

昔から我が家では、「外食の際はできるだけ甲殻類を避ける」というのが、暗黙のルールになっていたのを思い出しました。

これとは少し意味が異なりますが、古来日本各地では、その地域では「食べてはいけない」とされているものがあるようです。

今回は、その食べ物と由縁について、調べたことを書いてみます。

 

 

 

里唱御池で魚を釣って食べてはいけない

f:id:manastylejp:20170317233524j:plain

埼玉県大里郡にある、飯玉神社に古くから伝わる伝承があります。

飯玉神社には、豊受比売命(とようけびめのかみ)が祭られています。

伊勢神宮の外宮に奉祀されている神です。

この飯玉神社の前に、里唱御池という池があります。

この池には鯉や鮒が棲んでいるのですが、なぜか昔から片方の眼がないと言われてきました。

大里郡神社誌にも、このことが次のように記載されています。

「社前に古池あり、里唱御池といふ。池中に棲める魚類凡て片眼なりと称せられる」

 

昔々、眼を患った人が飯玉神社を訪れたことがありました。

快癒を願って参拝し、里唱御池に両目のある魚を放して帰ったそうです。

しばらく経って、その人は神社を再訪しました。

池に放した魚のことが気になり、魚を探してみると、前回放した魚を簡単に見つけることができました。

でも、その魚を見て仰天しました。

その魚も、片眼になってしまっていたんです。

その後、この池で魚を釣った人は片眼になるという伝承が生まれました。

また、池で魚を釣って食べてはいけないとも言われるようになりました。

現代は、池の水が少なくなったこともあり、この池で釣りをする人はいないそうです。

 

端午の節句に粽(ちまき)をつくってはいけない

f:id:manastylejp:20170317233606j:plain

岐阜県加茂郡太田町では、粽(ちまき)をつくってはいけないという伝承があります。

加茂県主神社という神社の氏神が、戦に赴こうと馬に乗った際、落馬して笹で目を突いて怪我をしたそうです。

その後、氏神の目を傷つけた笹で包む粽は、つくってはならないとされたそうです。

 

正月にモチを食べてはいけない

f:id:manastylejp:20170317233704j:plain

日本各地には、正月にモチを食べてはいけないと言われる地域がたくさんあります。

「餅なし正月」

と言われている禁忌です。

正月にモチを食べてはいけないとされる理由は、各地によって様々ですが、古くからの伝説や出来事に由来している場合が多いようです。

例えば
「先祖が落人だったため、正月にモチを準備する金銭的な余裕がなかった。そんな先祖をのことを想って、子孫はモチをつかなくなった」

「モチをつく時期に敵に襲われ、正月にモチを食べることができなかった先祖を想って、子孫はモチをつかなくなった」

と言い伝えられているものも多いようです。

 

他にも、愛媛県加茂地区に伝わる古い言い伝えがあります。

ある家で、正月前にモチつきをしていたところ、裏口から貧しい身なりをした男が顔を出し「モチを分けてほしい」とせがんできたそうです。

ボロボロの衣服をまとった男の姿を見た家の人は、「おまえなんかにやるモチはない」と追い返してしまいました。

ところが、貧しい身なりをした男は、本当は乞食に姿を変えた神だったんです。

怒った神は、もち米を蒸していたせいろをひっくり返して、去って行きました。

それ以来この地域では、正月はモチの代わりに「うわもり」というだんごを作るようになったと言われています。

 

伝承の定型

f:id:manastylejp:20170317233850j:plain

「〇〇をすると、〇〇になってしまう」

「〇〇ということがあったから、〇〇してはいけない」

古くから伝わる伝承は、この2つの型に当てはまるものが多いと思います。

その土地に伝わる言い伝えや、神話、歴史的事実が、長い年月をかけて伝えらえてきた伝承の数々。

最初に言い始めた人は、まさかこんなに語り継がれることになるなんて思ってもなかったのではないでしょうか。

 

主な参考文献

 

イモと日本人―民俗文化論の課題 (1979年)

イモと日本人―民俗文化論の課題 (1979年)

 

 

忘れられた日本人 (岩波文庫)

忘れられた日本人 (岩波文庫)

 

  

はじめての民俗学―怖さはどこからくるのか (ちくま学芸文庫)

はじめての民俗学―怖さはどこからくるのか (ちくま学芸文庫)

 

 

日本民間伝承の源流―日本基層文化の探求

日本民間伝承の源流―日本基層文化の探求