読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

2週間インターネットから離れたら、これからブログとどう付き合っていくか考えるようになった

f:id:manastylejp:20170315191011j:plain

先週まで、2週間のインターネット&デジタル断ち合宿に参加していました。

合宿中はインターネットが使えないので、本を読んだり体を動かしたり、参加者といろんな話をして過ごしていました。

普段の生活に戻って数日経ちますが、改めてインターネットやデジタルガジェットの便利さに感動しています。

でも、インターネットのない生活を体験したことで、心の平穏を感じる機会がたくさんありました。

今回は、心の平穏を保ちつつ、インターネットやブログとどう付き合っていこうと思ったかについて、備忘録代わりに書いてみます。

 

 

 

インターネットとどう付き合いたいか

f:id:manastylejp:20170315191103j:plain

去年も「インターネット&デジタル断ち合宿」に講師として参加したのですが、今回も参加して感じたのは

「インターネットは現在の情報に強い」

ということでした。

世界中のニュースが、ほぼリアルタイムに検索できるインターネットはとっても便利だと思っています。

Twitterやアプリをうまく使えば、道路の渋滞情報やイベントの混雑状況などリアルタイムに知ることができます。

時間を効率的に使おうと思えば、インターネットはとても便利だと思います。

でも、インターネットから2週間以上離れて過ごして感じたのは

「そんなに効率を求めて、一体自分は何がしたいんだろう」

ということでした。

インターネットを使って、仕事を効率的に処理すればするほど、どんどん新しい仕事が増えていっていた気がします。

プライベートでインターネットを使うことも多いのですが、SNSでやり取りをするだけで、実際に会うのは年に数回だけという知り合いもたくさんいます。

インターネットを使っていると、人との関係や1つの仕事に関する思い入れが希薄になっていたような気がしました。

これからは、インターネットやデジタルガジェットと適度な距離を保って付き合うようにしてみたいと模索中です。

 

ブログとどう付き合いたいか

f:id:manastylejp:20170315191225j:plain

このブログを始めたきっかけは、仲の良い友人から勧められたのが理由です。

その友人、今はブログ更新を休んでいます。

仕事が忙しくなり、ブログの記事を書く時間が取れなくなったと言っていました。

でも、友人はブログを通じていろんな人と知り合えたし、会ったこともないブロガーさんに恋をしたとも言っていました。

実際にブログを始めてみると、いろんな人と知り合えるのがとても面白いと感じています。

皆さん知識が豊富だし、普段知り合えないような方達の考え方を知れるのがとても面白いので、いろんなブログを読み始めたらあっという間に時間が経っています。

自分でもブログを始めてみて気付いたのは、ブログは自分の考えを整理するのにとてもいいツールだということでした。

人に伝えるために、日々の出来事や自分で感じたこと、調べたことをまとめるようになると、思考を整理してアウトプットする訓練にもなっている気がします。

ノートや自分用のメモに、考えたことや感じたことをまとめるよりも、ブログで記事にする方が文章力が上がるし、考えをまとめるのにとても役立つと思います。

でも、ブログに多くのものを求めない方がいい気がしまして。

ブログでお金を稼ぐこともできるし、いろんな人と繋がることもできますよね。

また、ブログがきっかけで本を出版したり、テレビに出演した人もいるみたいですね。

私の場合は、ブログは備忘録代わりに使いたいというのが一番の目的だということに気づきました。

私は普段、ホテルや旅館向けに経営コンサルの仕事をしています。

合わせて、ホテルや旅館で働く方向けにマナーや作法をアドバイスする、マナー講師の仕事もしています。

最近は、ホテルだけでなくいろんな企業のコンサルもするようになりました。

仕事に役立てばいいなと思って、マナーや作法、しきたりの由縁について調べたことを、このブログにまとめています。

これからも、ブログを備忘録代わりに使っていきたいと思っています。

更新する記事に関して、いろんなご意見や感想をコメント頂けるのはとても励みになっています。

これからは、自分のペースで程々に更新していくつもりです。

そんなブログですので、どうか程々にお付き合いいただけたら嬉しいです。