読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

飛騨高山で仕事をしたから、映画『君の名は。』の影響について地元の人に聞いてみた

f:id:manastylejp:20170127180011j:plain

今週は岐阜県飛騨市と高山市で仕事をしていました。

飛騨古川駅近くのホテルに宿泊してたんですが、駅や周辺の至る所に『君の名は。』のポスターが貼られていました。
映画の効果は未だ衰えることないみたいですね。
生まれも育ちも高山市・飛騨市という取引先の人たちとお酒を飲む機会があったんで、「君の名は。」の経済効果や影響について聞いてみました。
今日はそんなことを書いてみます。

 

 

 

経済効果は100億円以上?

 

 

映画の影響で、飛騨古川駅や飛騨市図書館は凄い人だったみたいですね。

 

 

そうなんですよ。一時期は人でごったがえしてました。

地元の新聞では、既に100万人以上が訪れたって報道されてました。

最近は大分落ち着きましたけどね。

でも、年が明けてからも、土日はカメラ片手に訪れる観光客は多いですよ。

 

 

経済効果は100億円以上あると言ってる人もいますけど。

 

 

うーん、全然実感ないです(笑)

ホテルや飲食店みたいに、観光客が訪れる商売をしていれば実感があるんでしょうけど、私たちは地元の人達相手の仕事ですからね。

飛騨高山って、トマトやホウレンソウの一大産地なんです。私たちの仕事は地元の農業に関わる仕事なんで、実感できるような経済効果はありませんでしたよ。

 

 

やっぱりホテルは予約が取りにくいんですか?

 

 

ホテルは予約が取りにくい時期が続いていたみたいですよ。

最近ようやく落ち着いたんじゃないでしょうか。

今回よく、飛騨古川駅近くのホテルに予約取れましたね(笑)。運がよかったんじゃないですか?

 

 

人気のお土産は「組み紐」なんですかね?

 

 

あー、あの三葉ちゃんが髪の毛を束ねていたやつね。

あれは売れてますよー。

小さくて軽いから、お土産にしやすいんでしょうね。

どこのお土産屋さんに行っても、まだ置いてると思いますよ。

 

 

原作は小説でしたっけ? やっぱりお土産屋さんにも置いてるんですか?

 

 

うーん、地元に住んでるとお土産屋なんかに行かないから、分かんないや(笑)

でも、置いてるとこ少ないと思いますよ。この辺りで買って帰るよりも、原作読んで巡礼に来る人が多そうですからね。

 

 

 

地元ならではの話

 

 

そういえば、飛騨市や高山市には映画館はないんですよね?

 

 

そうなんですよ!

だから、『君の名は。』を観たければ富山まで行かなきゃ観れないんです。

車で1時間半から2時間はかかりますね。

何回か、地元の公民館のような場所で上映されたんですが、凄い人気で抽選になってたそうです。

私は3回観たんですけど、全部富山市の映画館で観ました。

 

 

今日もアジアからの観光客が多いですね。

やっぱり『君の名は。』の効果もあるんですかね?

 

 

以前から、高山の古い町並みは観光名所だったんで、アジアからの観光客は多かったですよ。

それに、少し足をのばせば温泉で有名な下呂がありますからね。

多分、石川県の金沢辺りから高山を経由して、下呂で宿泊するなんて観光ルートになってるんじゃないでしょうか。

でも、『君の名は。』は中国でも大ヒットしているみたいですね。

3日で50億円の興行収入があったって聞きましたよ。

中国の映画料金は一般で1100円、学生だと500円らしいです。

日本だと、1500円以上しますよね?

そのことを考えたら、中国での50億って、凄いと思いません?

 

 

そう考えたら、本当に凄い人気なんですね。

観光客が増えて、困ったことはありませんでした?

 

 

若干ありました。

高山は観光地として有名ですが、飛騨は意外と静かなところなんです。

映画の舞台になった図書館も、普段は静かなところなんです。

あまりに写真を撮る観光客が多かったんで、注意されていたそうですよ。

あと、一部ですがゴミを平気で捨てていく人はいましたね。

駅の撮影スポットでも、タンやガムを吐き捨てていく人もいたみたいです。

まあ、ごく一部だったみたいですから、それ以外は平和そのものですよ。

 

 

 まとめ

 

 今回聞いた限りでは、映画の影響があったのは限定的なものに感じました。

聖地巡礼に来る観光客も、ある程度マナーと節度を守っている方が多かったのかな、と思います。

でも、飛騨市や高山市で観光業に携わっている人に話を聞いたら、また違った答えが返ってくるんでしょうね。

今回はあくまでも、地元で生まれ育った方に聞いた内容ということで。

 

それにしても、この時期の飛騨高山は本当に寒いんですね。