マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

「とりあえず」と言っていいのは、ビールを注文するときだけなのかもしれない

f:id:manastylejp:20170109181451p:plain

新年会のシーズンですね。

私、以前は誰かに気を遣いながら飲むお酒って、とても苦手でした。でも、何度も経験すると、少しずつ慣れてくるもんなんですね。今はその場を一番楽しんでいるような気がします。人間、成長するもんですね。

今回は、そんな宴会でよく耳にする「とりあえずビール」について、マナーの視点から思うことを書いてみました。

 

 

 

「とりあえずビール」

f:id:manastylejp:20170109181619j:plain

大勢が集まって宴会を開く際は、まずはビールで乾杯することが多いのではないでしょうか。

ビールって、店側にとっては手っ取り早く準備できる飲み物なんですよね。もしも全員が好き勝手に、サワーや熱燗など注文していたら、準備に手間取ってなかなか宴会をスタートすることができません。そのため、最初の1杯は素早く一気に持ってきてもらえるビールで乾杯するというのが、いつの間にか全国的な慣習となってきました。

また、お酒が飲めない人の場合は、最初にウーロン茶などのサッと準備できる飲み物を注文する場合が多いのではないでしょうか。

「とりあえずビール」は、宴会に集まった人たちがスムーズに乾杯できるために、店側及び参加者へのマナーや気遣いが形になった言葉なんだと思います。

 

ビジネスの現場での「とりあえず」

f:id:manastylejp:20170109181941j:plain

この「とりあえず」ですが、その言葉には「なにはともあれ」という意味も含まれています。

ということは、ビールを注文する場合の「とりあえずビール」には、「まずはビールにしておくけど、次は好きなものを飲みたい」という気持ちが込められていることになります。

でも、ビジネスの現場で「なにはともあれ」なんて言葉は、絶対にタブーです。仕事は常に正確な結果を求められるものです。次があるからと甘えたことを言っていると、信頼を失ってしまいます。

「とりあえず書類できましたけど」

「とりあえず完成しました」

こうした言葉は、自分の仕事が未完成であると言っているようなものです。

また、相手によっては「この仕事、未完成かもしれないんで、仕上げはやっておいてください」と言われているように捉えるかもしれません。

ビジネスの現場での「とりあえず」は、

「適当にやっておきました」

「細かいところまでは見てません」

と、自分のいい加減さを白状している言葉になります。

 

恋愛での「とりあえず」

f:id:manastylejp:20170109182127p:plain

好きな相手に告白する際、

「とりあえず、好きだから付き合わない?」

「とりあえず、恋人いないんだったら付き合おうよ」

なんて言ったら、相手からグーで殴られても文句は言えませんよね。

相手からしてみたら

「私はとりあえずの相手でしかないの?」と、ショックを受けてしまうはずです。

恋愛でも「とりあえず」は、真剣さが伝わらない言葉のようです。

 

いつまで「とりあえずビール」は使えるんだろう?

f:id:manastylejp:20170109182220j:plain

最近は、ビールが苦手な人も増えてきています。そのうち「とりあえずレモンチューハイ」や「とりあえずノンアルで」なんて言葉が、あちこちの居酒屋で聞こえてくることになるんでしょうか。

もしもそういう日が来たとしても、スムーズに宴会をスタートできるように、同席するメンバーや料理や飲み物を準備してくれる店員さんへの心遣いは忘れないようにしたいものですよね。

マナーって、そんなもんなんじゃないかな。