マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

行事のマナー

生活に関する迷信・言い伝え集

前回に続き www.mannerstyle.jp 今回は生活に関する迷信や言い伝えをまとめてみました。 朝に「猿」と言ってしまったら「犬」と言い直す 赤ちゃんに鏡を見せてはいけない 妊娠中に火事を見ると、赤ちゃんにアザができる 家の中で傘をさしてはいけない 階段の…

なぜ、夏に祭りが開催されることが多いのか

先日、近所の神社で祭りが開催されていたそうです。 全国的に見ても早い時期に開催される夏祭りですが、地元では由緒ある祭りだそうです。 たまたま近くを通った妻が見物できたらしく、 「今年の夏は、家族で京都の祇園祭に行きたい」 という話になりました…

「支払い」と「お祓い」が同じ意味だった、平安時代の市場における貞操観念

先日の土曜日に早起きして、前々から行きたかった大阪中央卸売市場の寿司屋「ゑんどう」に行ってきました。 www.endo-sushi.com 握り寿司ではなく、口の中に入れるとほろりとくずれる「つかみ寿司」という寿司を出してくれます。 1皿にはおまかせで寿司が5貫…

古代日本で都が頻繁に遷都された理由は「トイレ」にあるのかもしれない

職場の同僚が入院したので、お見舞いに行ってきました。 大した病気ではなかったらしく、すぐに退院できるそうですが、手術をしたばかりなので数日は寝たきりの状態とのことでした。 「仕事から離れてのんびりできるのはいいけど、困るのはやっぱりトイレか…

屋根の上や縁の下に、抜けた乳歯を投げる理由

家族で外食していたら、小学生の娘が 「あ、歯が抜けた」 と言って、抜けた乳歯を口から出していました。 家に帰ると早速、これまで抜けた乳歯を保管しているトゥースケースに入れていました。 まだこれから10本以上、新しい歯が生えてくるようです。 今回は…

「引っ越し」「年越し」「喉越し」、1000年「越し」の歴史を持つ蕎麦の話

役立つ情報や知らない知識を学べるブログが大好きで、たくさんのブログを読者登録して読んでいます。 でも、日々の想いや何気ない日常を記事にしているブログも大好きなんです。 いつも拝見しているブログがあるんですが nekoyapa.hateblo.jp 猫ヤパさんから…

【中世日本】男が女を避ける理由

最初に触れておきますが、恋愛論や恋愛テクニックについての記事ではありませんので、悪しからず。 昨日書いた記事に、いくつかの興味深いコメントを頂いたんです。 www.mannerstyle.jp 記事の中で、「変生男子」という言葉に触れた部分がありました。 今回…

安産のお守り「子安貝」と「竜の落とし子」

職場に、産休に入る女性スタッフがいるのですが、今日が産休前の最後の出勤日でした。 皆から祝福されて帰ったのですが、帰る方向が同じなので、途中まで一緒に電車で帰っていました。 別れてからは、いつものように電車の中で本を読んでいたのですが、偶然…

きゅうりを食べてはいけない? 各家ごとに代々伝わるルール「家例」

連休中に友人宅へ遊びに行ったのですが、友人宅では家族だけのルールを決めている、という話を聞きました。 休日の食器洗いは夫婦で交互に洗う、とか、デザートのプリンやヨーグルトには名前を書いておく、なんてことをしているそうです。 共働きで、奥さん…

もしも古代エジプトにタイムスリップしてしまった時のために覚えておきたい、当時のパーティマナー

20年近く前に買い揃えたので、既に色あせてきているのですが、自宅に『ドラえもん』が全巻あります。 てんとう虫コミックス ドラえもん 全45巻セット 作者: 藤子・F・不二雄 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2008/02/15 メディア: コミック この商品を含む…

福を招くための作法「お百度参り」と、相手を呪詛するための作法「丑の刻参り」

ゴールデンウィークは読書三昧で過ごしたいと思っていたのですが、小学生の娘2人から 「潮干狩りに行きたい」 「山登りに行きたい」 「アスレチックのある公園に行きたい」 「神戸のクルージングで、ケーキが食べられる無料招待券を貰ったから、絶対行きたい…

日本人の本質を知るためには、武士道や儒教ではなく「結び」を知ることが大切なのかもしれない

数か月間交渉を続けていた仕事があったのですが、今日ようやく結論を出すことができました。 ようやく実を結んだ交渉の最後に、 「妥協で終わることなく、妥結できたことは大変喜ばしいことです」 といった趣旨の挨拶がありました。 妥協とは、互いの主張を…

飲食に、見た目の美しさや風流を追及してきた日本人

取引先の方が、お土産に大福を持ってきてくれました。 普段甘いものをあまり食べないのですが、オシャレな箱の中にかわいらしい大きさの大福が入っていたので、会社の皆ですぐ食べてしまいました。 食べ物は盛り付け方1つで、食欲が刺激されることがあります…

5月5日は、法律的にはこどもの日というより母の日なのかもしれない

明日は朝から取引先まで車で向かうことになったので、今日は会社の車に乗って家に帰りました。 昼から雨が降ってきたので、同じ方向に帰る職場の同僚を乗せて帰ったのですが、その同僚の自宅に少しだけお邪魔しました。 家には奥さんと2歳の男の子がいて、立…

「鬼門」と「裏鬼門」に、結界を張り巡らせることで災禍を封じようとしてきた人達

昨日は桃太郎の解釈について記事を書いたのですが、その中で鬼門や裏鬼門に触れた部分がありました。 www.mannerstyle.jp 鬼門について、大辞林には 陰陽道で、邪悪な鬼が出入りするとして万事に忌み嫌われた艮(うしとら・北東)の方角。また、その方角にあ…

桃太郎と「日本神話」「陰陽五行思想」の関係が面白かったのでまとめてみた

自宅の本棚がいっぱいになってきたので、週末に新しく本棚を買いに行くつもりです。 少し本棚を整理していたのですが、数年前に買った柳田国男の著書『桃太郎の誕生』が出てきたので、片づけを忘れて一気読みしてしまいました。 桃太郎の誕生 (角川ソフィア…

めでたい「松竹梅」は、男性・女性・子供をイメージしたものでもあった

今日は仕事で、三重県の製茶会社の方と打ち合わせしていました。 三重県のブランド茶「伊勢茶」が海外で人気らしく、スタバのような緑茶専門店に茶葉を輸出する量が徐々に増えているそうです。 打ち合わせの中で 「より日本らしさを出すために、海外販売に関…

「紅白」と「黒白」は、どちらがめでたい色の組み合わせなのか

昨日は新入社員の歓迎会がありました。 4月最初の週末だったので、いろんな会社でも歓迎会を開いているところが多かったみたいです。 今回歓迎会をした居酒屋には、紅白の色を使って「歓送迎会プラン」というポスターやチラシがたくさん貼ってありました。 …

日本人は、いつから桜を愛するようになったんだろう

4月になったら、家族で花見に行きたいと思ってます。 今日は桜の開花情報や見頃のシーズンを調べてみました。 私が住んでいるエリアでは、4月中旬頃が桜の見頃のようでした。 去年はタイミングが悪く、花見に行こうと予定していた前日に雨が降ったので、今年…

日本各地に伝わる「そこで食べてはいけない」とされているもの

3連休を利用して実家へ帰っていました。 普段はあまり気にすることがなかったのですが、食べ物の選び方について気を遣う場面が何度かありました。 私の父は、甲殻類アレルギーなんです。 中華料理を食べに行ったのですが、エビやカニを使った料理をできるだ…

「桃の節句」「栗節句」はあるけれど、柿の節句というものは聞いたことがない

もうすぐひな祭りですね。 スーパーに行くと、ひなあられが陳列されているのを、よく見かけるようになりました。 大抵は、陳列スペースを桃色にコーディネートしたり、ひな人形のイラストを飾っていますよね。 今日はそんなひな祭りの別名「桃の節句」に関す…

「2分の1成人式」に参加してきたから、「十三参り」と合わせて色々考えてみた

小学4年生の娘と、2年生の娘がいます。 昨日は娘の通っている小学校で「2分の1成人式」があったので、会社を休んで出席してきました。 私が小学生の頃は、10歳を祝う2分の1成人式という行事はなかった気がします。 どうやら、最近になって行われ始めた行事の…

節分の由来を調べてみたら、正しいとされる豆まきの方法があることを知った。

仕事柄、年中行事に関して調べておかないと、恥ずかしい思いをする場面があるんです。 だから手帳には、毎月の行事に関して調べた事をたくさん書き込んでいます。 最近は、このブログが備忘録代わりになりそうだなと気づきました。これからどうやってブログ…

鏡開きの1月11日前に覚えておきたい、鏡開きのマナー

最近のお正月は、たくさんお店は開いているので、欲しいものは何でも揃ってしまいますよね。なんだか、お正月は特別なイベントではなくなってきた気がします。 それでも、1月も10日近く過ぎると、段々とお正月気分も抜けて日常が戻ってきました。 1月10日過…