マナースタイル★MannerStyle★

ビジネスコンサル兼マナー講師が、「マナー」「礼儀」「作法」「しきたり」の由縁について、調べたことをまとめたブログ。単なる備忘録です。

仕事のマナー

百姓と農民の違い

次世代型の農業に取り組んでいる方々と、様々な話をしながらハウス栽培の様子を見せてもらいました。 日本古来の伝統農法に取り組み方々とも、先日話をしたり栽培の様子を見せてもらいました。 次世代型の農業に取り組む方も、古来の伝統農法に取り組む方も…

着物姿が似合う女性を「たおやかですね」と褒めてみた

友人の結婚式に参列してきました。 美男美女の新郎新婦で、両家の親族同士も仲良さげな雰囲気が伝わってくる、とても素敵な結婚式でした。 新婦の友人も綺麗な人達ばかりで、ドレス姿や着物姿がとても似合っていました。 そんな綺麗な人たちの事を、共通の友…

応接間に、絵画や花が飾られている理由

半年前まで担当していた取引先の社長から、突然電話が掛かってきました。 何かトラブルでもあったのかな、と不安がよぎったのですが、 「今度また仕事を依頼することにしたから、よろしく頼むよ。今の若い担当も、なかなかいいね。あいつ、俺が部屋に入るま…

「見てはいけない」と言われると、見たくなるのが人間の性なのかもしれない

数日前に、会社の総務の担当者から相談を受けました。 総務から、社内に文書を回覧したり、メールで連絡事項を伝達することがよくあるのですが、皆内容をあまり読んでくれないので、何とか改善したいとのことでした。 そこで「秘」や「社外秘」のスタンプを…

四角四面な考え方よりも、融通無碍であるほうがうまくいく気がする

今年入社した新入社員の中に、「四角四面」という言葉がぴったりな社員がいます。 何事にも一生懸命なんですが、融通が効かないのか、研修や仕事の効率があまりよくありません。 お酒の席でも、堅苦しさが抜けない様子です。 物事をあまり深刻に考えすぎてし…

中世フランスの教訓書『メナジェ・ド・パリ』と、宮本武蔵の『五輪書』の共通点

職場に、5月から産休に入る女性スタッフがいます。 今日はその女性スタッフに、引き継ぎ書を作ってもらいました。 仕事を引き継ぐのは、入社2年目のスタッフなので、できるだけ分かりやすい引き継ぎ書を作ってもらうよう、お願いしました。 産休後は、職場復…

ビジネスシーンで「大丈夫です」を使うと、トラブルの元になることがある

今日は4月に入社したばかりの新入社員が、電話応対をしていました。 「・・・はい、大丈夫です。・・・・・ええ、大丈夫です。・・・・・大丈夫です・・・」 電話が終わった後、先輩社員から注意されていました。 そんな光景を目の当たりにしたので、今日は…

上座・下座を知っておくことは大切だけど、「裾風を立てずに座る」ことができるかどうかは軽視されている気がする

この4月に、新入社員が数名会社に入って来ることになっています。 各部署に配属される前に、合同で研修が予定されています。 研修では約1か月間、社会人としての最低限のマナーを学んだり、会社の歴史や仕事内容を学んだりすることになります。 私も数日間、…

「名刺の角を折り曲げる」人はめったにいないけど、実はメッセージが込められているんです

今日は所用があって、近くの法律事務所に行ってきました。 ベテランの女性弁護士さんと名刺交換して、1時間半ほど話し込んだのですが、とても素敵な女性でした。 物腰柔らかで、会話に無駄がなく、何より笑顔が素敵な方でした。法律の知識も豊富で、話が尽き…

「近くまで来たから寄らせてもらいました」と訪問する前に意識しておきたい、たった1つのこと

もう1月も終わりですね。 月末は、どうしても仕事が忙しくなるんです。今日も電話や来客が多くて、なかなか書類や伝票の整理に取り掛かれないでいました。 そんな中、取引先の年配営業マンが、突然来訪されました。 「用事で近くまで来ていたんで、顔見に来…

挨拶では「言葉」と「お辞儀」は別々にした方がいい

1月も中旬を過ぎたら「明けましておめでとうございます」とか、「今年もよろしくお願いします」なんて挨拶する機会が徐々に減ってきましたね。 私も今日お会いした方との挨拶は「おはようございます」とか「はじめまして」でした。 挨拶する際に気をつけたい…

「右側」の持つ意味を考えたら、集合写真にもマナーがあるってことになる

ホテルで働いていた頃は、集合写真を撮影する機会が沢山あったんですよね。 友人同士で旅行に来られた方に頼まれて撮影したり、親戚一同が集まった食事会の記念撮影をしたり。 他にも、パーティや接待の席で、職場の人たちや取引先の方との集合写真を撮るこ…